<お届けの遅延ならびに中止について>
「北海道を中心とする地震」「台風21号の影響」「西日本を中心とした大雨の影響」により、遅配、および荷物の荷受けを停止している地域があります。ヤマト運輸ホームページでご確認くださいますようお願いいたします。
URL: http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/

【ワイン高温劣化が心配される地域のお客様】
ページ左下の注意事項をご覧いただき、クール便を購入してください。普通便で発送し、高温劣化した不良品の返品には対処しかねますのでご協力をお願いいたします。

ワイン情報

ボージョレ・ヌーヴォー2018 葡萄の生育状況

<ルイ テット ボージョレ ヴィラージュ ヌーボー2018 航空便はこちらから>



ルイ テット ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況

<2018年3月>
冬は対照的な天候状況でした。1 月はかなり気温が高かったのに対し、2 月末は寒い日が続きました。外の気温はマイナス12 度にまで下がりました。3 月はすべてのエリアで雨が多く降りました。 栽培農家は、冬の作業を行っています。11 月末から3 月中旬にかけて葡萄樹の冬期剪定が行われました。剪定作業は、時間と忍耐 を必要とする仕事です。剪定は、主に翌年の収穫を考えて葡萄の木を整えます。今年は、昨年の春に霜の害を受けて枝がダメージ を受けているため、剪定はより難しい作業となりました。よい枝を選ぶのはとても難しい仕事です。



ルイ テット ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況

写真は垣根仕立ての葡萄樹です。1 本の幹から1 本の枝を伸ばし、ワイヤーに固定します。 そして来年のために2 芽を残します。 今年は、葡萄の芽ぶきは4 月中旬を予測しています。 2017 年に比べると10 日から15 日ほど遅くなるでしょう。


<2018年4月>
4月の夏のような気温のおかげで、葡萄の樹の成長は早まり、新芽が姿を現しました。 冬の剪定の後、私たちは新たなヴィンテージに備えて、春の仕事に専念しました。 4月の中旬から暑かったので、葡萄の樹の成長が早くなりました。 私たちの畑では、現在、4から6 つの若葉が出ています。 4月第3週目にあった夏のように暑い気温のおかげで、成長には目を見張るものがありました。 気温は最高で28 度まで上がりました。



ルイ テット ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況

若葉の先に、花穂が出始めているのが分かります。 葡萄栽培者たちは今、摘蕾の作業に移っています。 これは良い成長が見込めない芽を主幹や母枝、若枝から摘み取り、最も良い芽だけを残すための作業です。 この時期の葡萄の樹はウドンコ病やベト病などの疾病に敏感です。 私たちはすでに葡萄の葉に菌が繁殖していないかどうか調査を行っています。 そして今のところ菌の繁殖しているという報告はありません。


<2018年6月>
夏がやってきました! 2 週間、激しい雨が降った後、畑ではまさに夏らしいスピードで葡萄の生育が進んでいます。 受粉が終わり、葡萄は小さな実をつけ始めました。 花ぶるい(結実不良)によって、一部の花しか結実せず実がまばらにしかつかない房も見受けられます。 この現象は自然なものですが、天候不順が原因で起こることもあります。 その結果、少ししか実がついていない房が出来ます。



ルイ テット ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況

生育の早い区画では、最終段階に入りました。 細胞分裂と増長によって実のサイズが大きくなってきました。 葡萄の実はそれぞれが密着するまで成長を続けます。 今のところ、量も十分で素晴らしい収穫が得られるだろうと予測しています。
この1ヶ月間、栽培農家達は整枝などのキャノピー マネジメントを行っています。 まず、房のつかない枝を取り除きます。 また、伸びすぎた枝の上部をカットし、葡萄の実に栄養分がいくようにします。 また、害虫対策も行います。 葡萄の木の根元の草を取り除き、また畝と畝の間の草を刈ります。



ルイ テット ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況

6 月12 日頃、いくつかの区画でベト病の兆候が少し見られました。 月初は、天候が悪く、栽培農家達はベト病の防除に苦労しました。 しかし、幸運にもその後は雨が降らず、乾燥した天候になったおかげでベト病が広がらずに済みました。 また、葡萄がまだ成長途中で繊細なため、ウドンコ病が発生している区画も少しありました。 現段階の葡萄畑はとても健全な状態です。生育の早い区画では、収穫を8 月26 日ごろにスタートさせる見込みです。



素晴らしいヴィンテージの到来


SOPEXA JAPONボジョレワイン委員会から素晴らしいレポートが発表されました。

INTER BEAUJOLAIS Communique de presse 2018
  ボジョレワイン委員会プレスリリース

プレスリリース
2018 年8 月22 日
配信 :SOPEXA JAPON

2018 年ヴィンテージ

理想的な条件の下、すばらしいヴィンテージへの期待高まる



ボージョレ ヌーヴォー2018 作柄状況
リエルグにて7 月31 日に撮影 c. Inter Beaujolais

ボジョレでは、ぶどうの生育サイクルが目覚ましい進行を見せています。 春以降、素晴らしい天候条件に恵まれたおかげで、現在影響が出始めている乾燥にも関わらず、ボジョレのガメイとシャルドネは模範的とも言える衛生状態を示しています。 激しい雷雨もなく(南部では一部懸念されるも影響なし)、病害もなく、防除処理も少なく済み、今年、HVE(環境価値重視)認証取得への取り組みを開始した多くの生産者にとっても、励みとなる1 年です。
ぶどうは平均して、2017 年よりも2 日早い7 月23 日から色づきが始まりました。 現地で収集された初期データより、ボジョレ地区全体において例年並の収穫量が予想されます。 全ての生産者において、平均的に収穫が得られるのは近年では稀なことです。
品質面では、現在のところ全体として今年のヴィンテージは、収穫時期やフェノール類の凝縮度において2009 年、2011 年、2015 年、2017 年と同じ傾向が見られています。
ボジョレワインの新たな戦略が立ち上げられた今年、この素晴らしいヴィンテージの到来はまさにうってつけのタイミングと言えます。
一方で、現在のところ優れたヴィンテージと予測される2018 年ヴィンテージですが、「ぶどう果汁は8 月に作られる」という慎重な先達の言葉にしたがって引き続き注意深く見守る必要があります。



ワイン通販専門店 リカープラザえちごや ご利用前の確認事項

ワイン通販専門店 リカープラザえちごや 店長のこだわり

ワイン通販専門店 リカープラザえちごや 店長が対面したワイン界の重要人物

DRCの苗木家,ヴィニョーブル・ギョーム

神の雫,ワイン,第1巻から

キリストの涙
スペインワイン
ワイン通販専門店 リカープラザえちごや ギフトラッピング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日・休業日
  • 試飲会等で不在日

常駐しておりませんので、ご来店の際はお電話で確認をお願いします。




QR

ワイナート店舗紹介

ワイン通販専門店 リカープラザえちごや 実店舗

ツイッター フェイスブック グーグルプラス

店長ブログ
メールマガジン・バックナンバー



<携帯ユーザーの方へ>  
 受信設定で info@wine-echigoya.com を受信許可に設定してください。登録完了のメールが受信されない場合は、メールアドレスの誤記、または受信許可未設定ですので、設定後改めて登録してください。

<フリーアドレスの方は>
迷惑メールに振り分けられる時がありますので、info@wine-echigoya の受信許可を設定してください。

<メルマガ購読登録>
いたずら登録が大変多くなっております。お手数をおかけいたしますが、メールアドレス、お名前をご記入の上 info@wine-echigoya.com までメールでご連絡ください。

店長紹介

ドミニク・ローランと店長

*ロバート・パーカー5つ星、ドミニク・ローランと

こんにちは!
店長の内田です。

店長の個人情報はこちら



店長日記はこちら >>

ワイン通販専門店 リカープラザえちごやクール便
クール便発送にご協力ください。気温の高い時やワイン凍結が予想される時は、上のマークを押してクール便を購入後、ワインを購入してください。

ページトップへ